Twitterボタン
Twitterブログパーツ
  
プロフィール
HN*senses* (センシス)
性別灰になっても女
性格 楽天家   おおざっぱ


~素敵な五感蘇生時間~ 楽しい!美味しい!がいっぱいのそんな毎日なら幸せ♪

キレイの素さがし 
【美容】のカテゴリでは 気になるスキンケア&話題のコスメetc.について、モニター体感記事では画像も一緒にアップ中です♪
【健康】では、食とサプリメントetc.【香り】では、お気に入りのフレグランス~アロマグッズなどの記事をアップ中です♪
必須アンチエイジング~senses
2011.11.25



おでかけの記事 
元気に遊べる健康と、いつも仲良くしてくれるみんな、そして理解ある家族に感謝!!!
senses



=おすすめリンク=

日比谷花壇 絆の花
セシール - 「セシールスマイルポイント2倍募金」募集のご案内 じゃらんnet 楽天トラベル株式会社

*花散歩アルバム*
カテゴリ:♡ 映画 ♡( 85 )
「バーレスク」鑑賞!「エクリプス」「ハリーポッター」「武士の家計簿」「酔いさめ」
すっかり映画の記事を更新していませんでしたね。
これは自分の記録ということで記事にしておかないと。。。(^^ゞ

気になる映画は色々ありましたが、ちょっと時間がとれなかたので
11月に入ってから今日までに5本ほどの映画を鑑賞しただけでした。
おそらく年内はこれで観納め!映画館に足を運ぶことはないと思います。
年明けは、早々に映画館に行こうと思っていますよ(^_-)-☆

「バーレスク」公式サイト
クリスティーナ・アギレラとシェールの歌唱力はワンダフル♪
スクリーン越しにダイナミックなショーを楽しみましたよ^^

「エクリプス トワイライト・サーガ」公式サイト
吸血鬼族は美形揃いで、オオカミ族は野性味あふれつつも爽やかな印象(笑)

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」公式サイト
前編後編ということで、来年の夏まで待たされます(>_<)面白かったですよ~

「武士の家計簿」公式サイト
武士は出世をすればそれだけお屋敷の維持費や、経費がかさんで家計は火の車に!?

「酔いがさめたら うちに帰ろう」公式サイト
この映画を観てから、なんてことか!?オフ会で飲みました(^^ゞ
[PR]
by senses-revival | 2010-12-23 22:03 | ♡ 映画 ♡
「海猿LIMIT OF LOVE」「食べて 祈って 恋をして」「ナイト & デイ」観賞してきました♪
今月は、3本の映画を観てきました!
『海猿・LIMIT OF LOVE』
映画の第一作『海猿』(2004年6月12日東宝系公開)は、何度か観賞しましたが
続くドラマ『海猿 EVOLUTION』は、まったく見ていませんでした(^^ゞ
第3弾となるこの映画、予告などでちらっと見る限りでは
いよいよ仙崎大輔が?ということで涙涙の映画かな?くらいに思っていました。
とにかくスケールの大きい映画ですね。
海上保安庁の全面的な協力を得て、日本映画史上類を見ない水中・海上撮影を敢行!
ダイビングシーンも、キャスト自らが身体をはって熱演しているそうです。
伊藤英明さんがはやり男らしくてカッコ良かったです。

『食べて、祈って、恋をして』
ジュリア・ロバーツ主演、イタリア・インド・バリというロケーションの中
1年かけて旅をする主人公の内面磨きと恋模様!?という感じでしょうか^^
タイトルのごとく!!イタリアでの食べっぷりは豪快。
見ていてこちらまでパスタやピッツアが食べたくなりました。
バリでの出会い、ロマンティックな大人の恋というのも映画ならでは!のことでしょう(笑)

『ナイト&デイ』
トム・クルーズキャメロン・ディアス主演。痛快アクションラブコメディー!
これは鑑賞された方も多いのではないでしょうか!?
キャメロン扮するジューンは、一般女性のはずですが~途中からバイクにまたがり
追手とドンパチ♪するシーンもマンガチック!そしてカッコ良すぎますね^^
キャメロンの演技がとてもチャーミングで、所どころ笑えました。
トムもキャメロンのことを才能とユーモアがあってステキな女優だと讃えています。
話題の映画だけあってストーリーも面白かったですよ。
[PR]
by senses-revival | 2010-10-29 11:21 | ♡ 映画 ♡
「オカンの嫁入り」・「魔法使いの弟子」を観賞しました♪
しばらく経ってしまいましたが。。。
夕涼みがてら~8月の終わりと先週の夜に鑑賞してきた映画の記事です^^
夏休み中は、動物ものやアニメなどがお子さん連れで楽しめそうな映画が多く
特にこれが観たい!!というような映画がありませんでした(^_^;)
そんな中で鑑賞した2本です。

「オカンの嫁入り」こちら
c0070953_1721896.jpg
ちょっと頼りなさそうな母親役に大竹しのぶさん
明るくしっかりもので、母親の心配が尽きない娘役に宮崎あおいさん
ある晩泥酔した母親が「月ちゃん~お土産~」と大声で玄関を叩いて娘を起こします。
おかんの「お土産」?なんとも古臭いファッションを決めこんだ男だったのでした。
そのファッションスタイル、どこかで見たことがあるような~と思っていたら
ワケあってのジェームス・ディーン(笑)
最初から最後までこのキャラなのかしら?と思うほど目に焼きつきました(^^ゞ
元板前さんだった彼が料理を作るシーンも何度かありましたね。
あの辻調理師専門学校の日本料理の先生たちが料理指導・製作を担当したそうです。
男の人に料理を作ってもらえるって羨ましいなと思いながら見ていました~
辻調×映画は、他にもありますので気になる方はチェックしてみて下さい→こちら

大竹しのぶさんのまったりしたしゃべり方、おっちょこちょいな役柄はいつも通りかな!?
もともと大竹さんってあんな人じゃないのかしら?といつも思ってしまいます。
母と娘とそれぞれが重たい課題も抱えているのですが、後味が良い終わり方でした。

宮崎さんの振袖姿があまりにステキで、私も娘にこんな振袖を着せてみたいと思いました。
大竹さんの白無垢姿?ド派手な打掛けの方がお似合いだったのでは?と思いました(^^ゞ

「魔法使いの弟子」こちら
c0070953_1731193.jpg
このタイトルでピン♪とくる方もいるでしょうね^^
ウォルトディズニーのアニメでミッキーが主役を務めた映画「ファンタジア」です。
我が家にも子どもに買ってあげたDVDがあります。
アニメの名場面が、今回実写化されている!?と聞いていたので楽しみでした。
「あのシーンしかないでしょ?」と予想した通りで、実写化されると迫力が違いますね~

主人公の男の子がカッコ良すぎないせいか?成長過程を見守るような感じでしたが
ニコラス・ケイジがカッコ良くて、そっちばかりに目が行きましたよ(笑)
魔法使いの弟子になると「オヤジ靴」をはかなくてはイケないという決まりになっています。
「オヤジ靴」って英語でなんて言っていたのかしら?これって翻訳家のセンスでしょうね^^
ちょっとハラハラするシーンもあり、CGが多く使われているので楽しめましたよ。
[PR]
by senses-revival | 2010-09-09 16:20 | ♡ 映画 ♡
『ソルト』 観賞してきました!!
先日、アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション・サスペンス『ソルト』を鑑賞してきました^^
『ソルト』こちら
c0070953_2012631.jpg
この映画も、予告で何度となく見ていました。
激しいアクション映画、ましてや女性が殴られたりするシーンが多いようなので
私はちょっと見る気がしないと思っていたのですが(^_^;)
こういう場合、しっかり最初から最後まで観賞すれば、そこは話題沸騰の映画なので
たいていが「観て良かった!」と思えるものが多いものですよね。

この役ができる人、今のところアンジーしかいないでしょう~
撮影中は生傷やアザが絶えなかったのでは?という体当たりの演技の連続です。
ロシアの女スパイというと、最近リアルに話題になりましたよね。
彼女はいくらなんでも映画のソルトほどマンガチックに強くないでしょうね!?

この映画、単にアンジーの激しいアクションが見どころというよりも
私はストーリー展開が面白いなと思いました。
ソルトの心の奥、人間味を、ちょっとした表情で伝える演技力はさすがですよね^^
セリフの間のとりかたとかも好きです^^
詳しいことは公式サイトへ→こちら
そして。。。最近多いですよね~
観終わって「な~んだシリーズもの?」と思わせる映画。またソルトに会えるのかな?(笑)
[PR]
by senses-revival | 2010-08-11 10:47 | ♡ 映画 ♡
「インセプション」 夢の中へ行ってみたいと思いませんか♪
先日のレディスデーに「インセプション」を鑑賞してきましたよ^^
夏期講習帰りの末っ子をひろって、まずは軽食を済ませて暮れなずむ横浜をドライブ♪
映画館に着くと、やはり夏休み中でレディスデーなので人がいつもより多かったです。
この映画も話題の映画ですからシアターは満席状態でした(^_^;)

「インセプション」こちら
c0070953_16215821.jpg
クリストファー・ノーラン監督の作品、すごいです!お金のかけ方も半端じゃない感じです。
コブ(レオナルド・ディカプリオ) は、人の夢の中に入り込み潜在意識をさぐるプロ。
サイトー(渡辺 謙) の依頼で、ライバル会社をつぶすために仕事を引き受けます。
夢を探って盗むのではなく、アイデアを植え付けるということ。
その内容自体は、よくよく感がえると映画のスケールからしては小さな話の印象です(^_^;)
しかしながら~この映画は複雑なストーリーですね。詳しくは、公式サイトでご覧くださいね^^

コブの奥さんのモルに扮するマリオン・コティヤールですが、
彼女が以前の映画で演じたことからか?劇中にエディッド・ピアフの楽曲が使われています。
脚本を書き始めたのは10年前のことで、その時からエディット・ピアフの歌は構想あって
マリオン・コティヤールの出演はたまたまの偶然だということです。

夢の中の夢、そしてさらにまたその夢の中の夢。。。
潜在意識の奥の奥まで潜り込むので、自分の頭も整理しながら鑑賞していましたよ^^
他の映画にない面白さですね!!

「シャッターアイランド」を観賞済みの私としては、
ディカプリオときら~またしても奥さんにとりつかれているのか!?という感じです(笑)
最後のシーン、それは観る人の想像にお任せ!ということ?
ディカプリオの作品、やはりもう一回観たいものが多いですね(*^_^*)
[PR]
by senses-revival | 2010-07-31 16:12 | ♡ 映画 ♡
「借りぐらしのアリエッティ」・「エアベンダー」
昨日は、主人と末っ子と3人で夜から映画2本を鑑賞してきました^^
「借りぐらしのアリエッティ」 「エアベンダー」です。
宮崎アニメは「崖の上のポニョ」以来です。
「エアベンダー」は、映画を鑑賞する度に予告で観ていましたが、
特撮が多いので3Dで迫力ある映像が楽しめるだろうと期待していた映画です。

「借りぐらしのアリエッティ」公式サイト
c0070953_23535034.jpg
原作は、メアリーノートンの「床下の小人たち」というものです。
原作の舞台は1950年代のイギリスですが、それを2010年の日本に設定を変えています。
絵からして、鎌倉の古いお屋敷なのかしら?と思いましたが、小金井あたりのようです(笑)
身の丈10cmの小人の家族の暮らしぶり、人間から必要なものを必要なときに借りに行く、
家の中は借りてきたものを工夫したステキな住居になっているので目をこらして観ていました^^
掛け時計、壁を飾る絵画、花の花瓶。。。なるほどと思います。
小さなアリエッティの目線で人間界が描かれているので、まるで自分が小さくなったようです(笑)
挿入歌の「Arrietty's Songs」は、フランスで活躍中のセシル・コルベルが歌っています。
透明感のある歌声、外国人特有の雰囲気が日本語歌詞に独特な雰囲気を醸し出しています。

「エアベンダー」公式サイト
M.ナイト・シャマラン監督作品です!
c0070953_10254134.jpg
まずは、私が過去に観賞したシャマラン作品ですが。。。
1999年『シックス・センス』(脚本・監督・出演)
2004年『ヴィレッジ』(脚本・製作・監督・出演)
2008年『ハプニング』(脚本・監督・声のみの出演)
どれも監督自ら出演しているので、今回はどうかな?と思いましたがおりませんでした~
特撮たっぷりの映画です。3Dメガネ(^0_0^)を終始かけて観賞しましたよ。
スケールも大きくて娯楽性の高い映画ですね^^
こちら第一章ということでシリーズもののようなので次回作もお楽しみです♪
ストーリーなど、下手な説明は割愛しますので公式サイトでチェックしてみてくださいね(^_^;)
[PR]
by senses-revival | 2010-07-22 23:54 | ♡ 映画 ♡
「アデル」・「告白」を鑑賞しました♪
最近なかなか映画館ではしごする時間がとれませんが
先日は主人と末っ子と3人で「アデル」を初日に観てきました。

「アデル」公式サイト
フランスの映画なので、いつものアメリカ映画とはやはり雰囲気が違いますね。
セリフにリズムを感じます^^

ちょっとふざけている印象を受けるのもそのはずで、
もともとフランスの大人気のコミックをリュック・ベッソンが映画化したものだそうです。
古代エジプトの秘薬を求め、ヒロインのアデルが大活躍するファンタジーアドベンチャー。
特撮シーンが見せ場かと思えば、アデルの七変化ともいうべき変装シーンも楽しめます。
次は何が飛び出してくるのかな?というあたりがマンガチックです。

主人公のアデル・ブラン=セックを演じているのは、フランスのお天気おね~さんから
主役大抜擢されたルイーズ・ブルゴワンです。
物語は、史料を基に20世紀初頭のパリの風景が忠実に再現されているとのことです。
いろいろな角度から楽しめる娯楽映画だと思いました^^


そして。。。
水曜日はお仕事休みの長女と二人で「告白」 を観てきましたよ。
ずっと気になっていた映画です。

「告白」 公式サイト

松たか子扮する中学教師・森口悠子の「娘はこのクラスの生徒に殺された」という
告白からはじまり、関わる人間たちそれぞれの目線から独白形式で話が進みます。
キーワードは、「命」と「母」と「絆」といったところでしょうか。
ところどころに衝撃的なシーンもあれば、逆に笑える場面も織り交ぜてある映画です。

さて!この夏はまだまだ気になる映画があります。
時間を作って快適な映画館にGO~♪
[PR]
by senses-revival | 2010-07-09 23:09 | ♡ 映画 ♡
『SATC 2 』女子5人で観賞会(*^_^*)
今日は朝一番の映画鑑賞!ということで六本木ヒルズまでお出かけしてきました。
お友達4人と一緒に映画鑑賞するというのは何年ぶりでしょうか!?
以前、「4月の雪」というヨンさまの映画を大人数で観賞しに行ったことがあります。
今回の映画は、  『SATC 2』 こと”SEX and the CITY 2”です^^
女子グループで観賞するにふさわしい映画でしょうね(^_^;)
公式サイト→こちら
c0070953_23435128.jpg
人気海外ドラマの映画版ということですが、私はまったくの予備知識なしで観賞。
何となく噂で、そのファッションや発言も注目~というのは知っていましたが
とても華やかで、まるでファッション誌をめくるようでもありますね。
4人の女性はそれぞれ個性的でタイプが全然違いますが大の仲良し。
c0070953_23445711.jpg
キャストたちは年齢的にどうも近そうな??? でも暮らしぶりは遠そうな???(笑)
かなり下ネタもストレートに織り込まれていますね(^_^;)
アブダビがロケ地で、そこでも目にも艶やかなファッションショーが繰り広げられます。
鑑賞した方々のレビューを見ると、内容的には酷評もちらほらあったようですが
ストーリー展開はホームドラマから発しただけあって単純で笑えますね。
ゴージャスで、年を重ねた女同士の固い友情って良いもんですよ(*^_^*)

映画を見終えてから青山方面に移動し
カナダ大使館のビルにある、落ち着いた「ロビンズクラブ」でビュッフェスタイルランチ。
お友達のissyさんのおかげで滅多に入れないようなお店でお安くランチすることができました♪
[PR]
by senses-revival | 2010-06-30 23:10 | ♡ 映画 ♡
「タイタンの戦い」「TRIC 霊能力者バトルロイヤル」
前回の「シャッターアイランド」から
気がつけば~何と2カ月近く「映画」のカテゴリを更新していませんでした(笑)
5月に「タイタンの戦い」を観賞しましたよ。
スケールも大きいし、特撮が面白かったです^^

そしてしばらくTSUTAYAでレンタルしてきたDVDを観賞。
借りてきた「キューティブロンド3」と末っ子が以前購入した自宅の
「キューティブロンド1」・「キューティブロンド2」を一気に観賞。
こちらの映画は、どれも楽しめました^^ はちゃめちゃで前向きな主人公が
シリーズ3では、いとこの双子ちゃんにバトンタッチしていました。
云うことや仕草がとても可愛いかったですよ(*^^)v



「ボーンズ」も借りてきて観ましたが、ストーリーがイマイチでした。
何のひねりもなかったような・・・たまたま借りたのが?でしょうか(^_^;)
「スーパーナチュラル」、「ゴースト」の方が私はオススメかと思います。

昨日は久しぶりに映画館で観賞してきましたよ^^
私はembracenさんの記事で「告白」が観たくなったのですが
1000円観賞の相方、主人のリクエストで
今回は 「TRIC 霊能力者バトルロイヤル」を観ることにしました!!

初めて「TRIC」を観たのですが・・・
観るまでは込み入ったスト―リー展開かと思いましたが
終始ふざけている!!という印象です(-_-;)観終えての感想は若干がっかり・・・
もう少し謎解き展開で意外性があるお話かという私の勝手な思い込みでした。
この映画を「山形スクリーム」と同じ類だと感じたのは私だけでしょうか?

それでも、この映画の中でワンシーンだけグッとくるシーンがありました^^
おそらく女子なら同じシーンでそれを感じるのではないかしら!?
それから、出演者のイメージをクローズアップした点がギャグとなっています。

これはこれで?面白いといえば~面白いのかもしれませんね(^^ゞ
洋画では観ることがない様な邦画らしいマンガチックな映画でした。
[PR]
by senses-revival | 2010-06-24 22:54 | ♡ 映画 ♡
「シャッターアイランド」注目の謎解き映画
昨日は「シャッターアイランド」を観賞してきました!
実はまだディカプリオ「ディパーテッド」は観ていないのですが
アカデミー賞受賞の巨匠マーティンスコセッシ監督との4度目のタッグで
オープニング興行収入も「タイタニック」を約10億円も越したそうです。

この映画も、観賞する前から映画予告でさわりの部分を観ていました。
なんだか映像もストーリー背景も薄暗い感じで面白いのかしら?
そんなイメージもありましたが。。。

超日本語吹き替え版登場!ということで、
通常より時間をかけてより自然な言い回しになっているということです。
字幕を追うより、出演者のちょっとした表情や仕草にも注目しながら
謎解きの面白さで観賞してほしい映画だということですよ。
それを知りながらも~私は字幕派です。まずは本人の声じゃないとね(笑)

「あなたは、いくつ気づけました?」という映画で
確かにあとで言われてみれば「あれね?」「ああそのシーンだった」などと
この映画ならではの場面を思い返すことはできました。
さらにもっと「これおかしくない?」とツッコミどころ満載ですよ^^

物語は、精神を病んだ犯罪者が収容されている島で、ひとりの患者が失踪。
彼女の捜査のために島に乗りこんだ連邦保安官のテディ(ディカプリオ)が
捜査を進めつつ、自らのトラウマや亡き妻や幻覚に襲われ苦悩する。

衝撃の事実、驚きのラストと言われているこの映画は、私が好きな終わり方。
この手の結末は、私にとっては衝撃でもなかったですよ。
「なるほどね」と、頭の中でもう一度映画の場面場面を思いだしてみました。
これはもう一度超日本語吹き替え版でも観賞してみたいな~という感じです^^
確かに結末がわかってからもさらに楽しめる映画だと思います。
おすすめ♪

「シャッターアイランド」公式サイト→こちら
[PR]
by senses-revival | 2010-04-29 09:42 | ♡ 映画 ♡